10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

Chariots of Fire! 東海生  


2010.07.29
Thu
10:14

フォース鉄道橋を眺めながらフォース湾を渡り
東海生は北海を望むセントアンドリュースに到着!

真夏の海岸、さぞや海水浴客で賑わっているのでは、、、?! 北海は寒流、とてもじゃありませんが泳ぐのには相当の勇気かウェットスーツが必要です。 

Beach1_convert_20100729185556.jpg

さてこのアングルから望むセントアンドリュース、今年全英オープンの仮設テントがまだ残っているのが見えます。 東海生が立っているこの砂浜は1981年イギリス映画 ”Chariots of Fire" ( 邦題 炎のランナー)のオープニングシーンのロケ地として使われました。 アカデミー賞作品賞を受賞したこの名画は1924年パリオリンピックのイギリスの陸上ゴールドメダリスト、ユダヤ人 ケンブリッジ大学学生、ハロルド アブラハムとエディンバラで宣教師をしていたスコットランド人 エリック リドルという2人の実話に基づいています。彼が宣教をしていた教会はエディンバラのモーニングサイドという所にあります。

有名なテーマ音楽がゆっくりと流れる中、その浜辺をオリンピック代表陸上選手たちが走る姿をカメラがゆっくりと追っていくオープニングシーン、(You Tubeでも見れます!)彼らが走り抜けて行く芝生は、実は全英オープンの会場になることでも有名なオールドコースの1番ホールのグリーンだったんです! この砂浜に立った東海生諸君、是非この映画を日本で観賞してくださいね。スコットランドやエディンバラと再会できます!

Beach-Town_convert_20100729185835.jpg

カメラマンで忙しかった伊東先生もきっと知らないお話です!?

Tatzu_convert_20100727052139.jpg
スポンサーサイト

category: 東海生エディンバラ便り

thread: イギリス語学留学

janre: 海外情報

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 東海生 キルトとバグパイプに挑戦!  | h o m e |  週末に東海生が目指したところは? »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hardwicks.blog35.fc2.com/tb.php/67-8b106d83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。