FC2ブログ

12/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./02

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

Merry Christmas and a Happy New Year ! 


2011.12.15
Thu
17:40

クリスマスまであと1週間
飾り付けの終わったツリーを眺めながら
楽学の2011年を振り返ってみることにしました。

Christmas_convert_20111216023914.jpg

積雪で迎えた2011年。3月は東北大震災のニュースに胸を痛め、外出すれば必ず見ず知らずの人たちが ”あなたは日本人? 家族は大丈夫だった? がんばって! 大丈夫、日本は大丈夫だよ” とあたたかい声援をなげかけてくれました。その声援がエディンバラツアーガイド企画のチャリティーウォークへと広がっていきました。 そして6月、楽学のお客様の到着です。昨年も楽学滞在していただいた内田ご夫妻、今回は趣向をかえてロンドン、楽学滞在とターンベリー(スコットランドの西海岸,ゴルフリゾート)というビスポークメニューです。

Uchida+06_convert_20111219002548.jpg

一年振りの再会、エディンバラ到着も余裕です。 アニック(Alnwick)城のバラを是非!というリクエストで、小雨の中をイングランド側のノースハンブリアにあるアニック城を目指しました。この城は映画”ハリーポター”ロケ地としても有名です。 今年は4月に異常高温(30度近い)の日が続いたかと思うと5月は肌寒く雨が多い月となり、ばらの咲き具合が気になるところでした。それでもアニック城に到着した時には青空が広がってくれて、ゆっくりと薔薇を観賞していただけました。

Anwick+Castle_convert_20111219005323.jpg

そして7月初旬にはテームズ川上流を5日間行くナローボート挑戦です。実は日本の友人夫婦と私たち夫婦2組で企画していたのですが、残念なことに日本出発間際に友人夫婦が急遽キャンセルという事態になってしまいました!頼みの綱のご主人はヨットマン、舵取りをすっかり当てにしていた私とウィルは意気消沈、取りあえず助っ人にウィルの従姉妹夫婦を呼んだものの、彼らも初心者!? ウィルだけが唯一40年近く前に一度!?経験があるだけ。でも大人が4人も集まればなんとかなる、、ということでボートに初挑戦。

Boat+trip_convert_20111219011202.jpg

私も地に足がついている時にはけっこう自信の笑顔、、、、ボートハウスの親切なスタッフがいとも簡単に”大丈夫! ちゃんと帰って来れるから!”  で、いきなりボート操作の実習、、エンジンのかけ方,止め方、バックの仕方、舵の取り方、運河(川)の通行ルール、水門の通過などなど、15分後のはいきなり舵を持たされ ”それじゃ、中州を1周して!” ”えっ??? ” なんて言っているうちにボートは前に進み出し ”ブレーキはどこ?” と焦る私、みんなから大笑いされて妙に緊張もふっとんで、さぁ出発 笑顔で見送ってくれたのでした、、、、

Boat2_convert_20111219012912.jpg

ところが40年近く前の舵取りの感覚が戻ってきたウィルが大活躍! ”ブレーキがない!” と騒いでいた私を横目で見ながらなかなかの舵さばき! 

Boat1_convert_20111219013551.jpg

ゆっくり進むボートからみるテームズのやさしい風景、時間がゆっくりゆっくり流れていきます。 

Boat+Morning+mist_convert_20111219014432.jpg

私たちのボートの名前はプリンス! ダブルベッドとツインの部屋が1つづつ、ラウンジ、キッチン、シャワー、トイレ、必要なキッチン用品は全て揃っています。 ということで水の補給も大切な日課、給水サービスのあるロック(水門)で 無料です!ボートの燃料,ディーゼルの給油所(これは有料)もありましたが、私たちは5日間と期間も短く、移動範囲も狭かったので給油は必要ありませんでした。

Water+filling_convert_20111222181440.jpg

食事はボートから降りて近くの村まで歩いてパブでしたり、スーパーで食料を仕入れてボートの中のキッチンで作っていました。

Pub_convert_20111222182127.jpg

このパブのフィッシュ アンド チップスは最高でした! 

FIshChips_convert_20111222182720.jpg

ボートに付着している藻を食べに来る白鳥やかもの、コツコツとボートを突く音でいつもよりずっと早く目を覚まし、朝もやの垂れ込めるをテームズは本当に時間が止まってしまっているかのようでした。

Brakfast_convert_20111222183614.jpg

ロンドンの真ん中を流れている同じ川とは思えない、穏やかでやさしいテームズに癒されていていました。

Swan_convert_20111219020556.jpg

と、思えば雨だって降ってきます! ”それが人生なんだ!” とばかり舵取りに生き甲斐を感じ始めたウィル!?ボートハウスで迎えてくれたおじさんのニコニコ顔、忘れられない旅になりました。

Boat+will+Rain_convert_20111219022959.jpg

後半をお楽しみに、、、
スポンサーサイト

category: エディンバラ便り

thread: イギリス生活

janre: 海外情報

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« Merry Christmas and a Happy New Year! Part 2  | h o m e |  秋のコッツウォルズ »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hardwicks.blog35.fc2.com/tb.php/101-9802cce0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。